原油市場

商品市場と通貨との関係は、
その国の資源や輸入依存度などと密接な関係になっています。

中でも石油はどの国へも影響が大きく、
それぞれの国にとって原油市場と通貨との関係が変わってくるので、
FXをするにあたっても注目しなければなりません。

世界で一番石油を使うアメリカは、原油高の悪影響を直接受け、
通貨は売られる方向へ向きます。

日本は資源がほとんど採れなため、
アメリカと同じように原油高の悪影響を受けてしまいます。

本的にはアメリカと同じように「原油高=競争力低下=通貨安」となります。

それとは逆に、原油高で景気が良くなる国もあります。
鉱物資源の多い国であるカナダやオーストラリアは、
他の国に比べて有利になり、通貨高になる可能性が高くなります。

原油ひとつを取ってみても各国によって影響がまちまちです。

原油以外の資源についても同じように各国の状況が変わってくるので、
普段のニュースの他に各国の資源の状況なども事前に調べておくと、
後々有利になるので、日頃から海外の様子を見ておく事が大切です。

サイトナビ
FX失敗事例に注目 原油市場 株高=通貨高 日経新聞を活用しよう
FX取引を始めよう
FX
Links
NRI金融情報データベース

HOME > 原油市場