FX失敗事例に注目

FXで大損する人しない人
含み損は損益か?

株をやっている人に多く見られがちなのは、買った後に価格が下がっても、それを損益と捉えているのか、それともいつか上がると予想しているし、手元のお金がなくなっていないから、損益と感じている人は驚くほど少ない。FXでは、ポジションを持った後の含み益や含み損を損益とは捉えない人達のことです。確かに為替相場は急落することも急騰することもありますが、「損小利大」を原則とすれば、いつまでも含み損を抱えたままではいつかは破綻しかねません。FXの損益は常に時価で計算するのが原則です。外為取引は、売り・買いどちらでも利益を出せる投資手法ですから、為替損益の計算方法は、初心者の方でも最初に覚えておかなければならない基礎知識です。

損切り(ロスカット)の意義

含み損を抱えた場合、バイアスがかかった相場観から、ナンピン(難平)買いをする人がいますが、相場は一度下がりだしたら下げ止まらないということは珍しくありません。予想に反して相場が動いた場合、あらかじめ決めておいた「損失の許容範囲」で、早急に手仕舞いする準備をするのが懸命です。ほぼ確定された損失と考え、潔く損切りをして、新しいポジションのチャンスをうかがった方が、FXで勝つ確率が高いのです。
ナンピンについて教えてください

FXに関して、よく「成功事例」を様々な著書で紹介されています。実際、成功事例に興味を持つ人が多いと思います。しかし、成功するために最も大切と思われるのが「失敗事例」を知ることです。いわゆる、失敗事例に学ぶということです。

成功事例だけに注目していると、どんな影響があるのか・・・
・成功のイメージばかりが先行してしまう傾向になり、特に 努力しなくても利益が簡単 にでると勘違いしてしまう。
・リスクに目がいきにくくなり、投資家なら当たり前に行うべき、リスクコントロールが 怠り気味になってしまう。
・最低限必要な知識や相場研究の重要性に気づきにくくなり、行き当たりバッタリの取引 をしがちになってしまう。

「どうすれば儲かるか」「有名FX投資家の成功事例」ばかりに重点をおくのではなく、しっかりと「失敗事例」から必要な事を学ぶことです。そうすれば、利益を得る可能性はもっと広がるはずです。

サイトナビ
FX失敗事例に注目 原油市場 株高=通貨高 日経新聞を活用しよう
FX取引を始めよう
FX
Links
NRI金融情報データベース

HOME > FX失敗事例に注目